CMSやCGIを使ったインターラクティブなページでXOOPSテーマなども配布


TOP  >  KNTSブログ  >  KNTS  >  XOOPS  >  XOOPSをPHP7に再インストールして分かったこと?

KNTS さんのブログ

 
2017
3月 27
(月)
13:08
XOOPSをPHP7に再インストールして分かったこと?
本文
インストールはなんとかうまく行ったのだが、前回ブログにUPしたFTPライブラリの設定件に不安があり何回かXOOPSのインストールを試みた。
どうしてもFTPライブラリが設定簡単にできない。

前回パッチを充てると何とかなるみたいなことを書いたがパッチを充てなくとも何とか動かすことができた。
何をしたかというとパーミッションをmodules(trustを含め)周りの権限を緩くしてみた事と
最終的にxoops_trust_pathフォルダのパーミッションを全部読み書きできるようにしてみたらすんなりと設定することができた。
またxoops_trust_pathフォルダのパーミッションをきつくしてみるとやはりダメになってしまった。
ここかなと思い再々インストール(何度目だろう)をしてパーミッションをmodules(trustを含め)周りの権限と指定されたフォルダ.ファイルを変更後
xoops_trust_pathを開けFTPライブラリを設定したら何とかいけた。
(この辺だったのかなぁ〜、はっきりはしないがこれで動いている)
しかし、このことは前回ダウンロードしたXOOPSファイルの更新日時の期日3月9日のことだ。

今日、新たにXOOPSファイルをダウンロードしてみたら更新日時の期日3月16日に成っていた。
修正されてますねえ…
早速ダウンロードをしてインストールをしてみた。
最初は指示通りにパーミッションの変更をし、いつものようにインストール。
FTPライブラリを設定で、またつまずくのかなと思ったが簡単に設定することができてしまった。もう修正されているみたいだ。
セキュリティガイド(protector)mainfile.php・databasefactory.phpも修正されていた。

今回は楽に行けるかなと思ったが…
いざテーマAdminをインストールしてみたがなんかうまく行かずなんどかチャレンジ、結局パーミッションを弄りなんとできた。
しかしこれも別タブでホームを開いていたから良かったものの、ホームは真っ白で何も表示されない。
管理画面でテーマの設定を見てみたらAdminがテーマに指定されていた。(これは管理用だよね)
前回は自動的にPack2011_defaultになっていて大丈夫だったが今回は自分で選択して行わないと真っ白になり慌ててしまう。

各モジュールもなんかエラーばかりで上書きが出来ないとかでうまくインストールできず、その都度使うモジュールのパーミッションを変更し四苦八苦しインストールを終えた。

modulesフォルダに入れたWordpressME_2.54はxoops_trust_pathを使ってなく簡単に最新版がインストールできました。
こちらでもWordpressは優秀だ。
Wordpressはもうphp7での動作になってますからね
(但しどれだけのレンタルサーバーがPHP7に対応しているのかね、まだまだPHP7は先のこと、今回LinuxMint18.1からPHP7になっているので試しているのだ。)

以前のXOOPSはほとんどパーミッションが指定された状態でインストールできたがまだPHP7ではまだまだ安定しないので使いづらい。
先日Impress(XOOPSより派生)を入れてみたがまだ使えるような状態でなかった。
その他のCMSも結構PHP7では無理があるものが多かった(後日記載)
閲覧(1176)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。