CMSやCGIを使ったインターラクティブなページでXOOPSテーマなども配布


TOP  >  KNTSブログ  >  KNTS  >  LinuxOS  >  Linux Mint 18.3 "Sylvia" Mate 64bit Editionのβのインストール

KNTS さんのブログ

 
2017
11月 25
(土)
10:36
Linux Mint 18.3 "Sylvia" Mate 64bit Editionのβのインストール
本文
Linux Mint 18.3は、2021年までサポートされる長期サポートリリース。
β版の為一部不具合などあるかもしれません。

ベースとなるOSはUbuntu16.0.4のLTSです。
国内ではまだまだMint情報が少ないので分からない事があった場合Ubuntu16.0.4の紹介ページを参考にするのも...
もしくはDebianを調べてみる。

システム要求:

1GBのRAM(2GBを推奨):*4GB
15GBのディスク容量(20GBを推奨):*25GB
1024×768解像度:*1360X768
*当システム(Install.VMware)

64bit(プロセッサ搭載の2007年以降に販売されたほとんどすべてのコンピュータ)には64Bit.ISOが推奨。

Download:Taiwan TamKang University
このファイルをDVDに焼き込みDVDより起動します。
ライブDVDとして起動されますのでまずはお試しを...
試した後、インストールアイコンをクリックするだけでインストールできます。
(新規の場合は面倒なこともなく指示に従うだけで簡単にインストール完了します)

当サイトでは基本デスクトップ使用として使いますがホームページ作成などもやるのでローカルサーバとしての機能を持たせています。(起動時の動作がちょっと遅くなる)
今回Mateを使用しましたがやはり軽いです。

不具合と言えるのか?
2点あったような?
最初アップデート先の変更が出来なかったりSynapticパッケージマネージャが使えなかったりしましたがちょっとは弄ったものの再起動したら正常に動いた?...

Firefoxが最新になっていた。(Quantum 57.0 64bit)

日本語環境は何もしなくとも最初から使えた。

変更したのはユーザのファイル名を英語表記に変えた。
スマホ片手にサーバ構築を参照

TCP Wrappers(Authen::Libwrap)を使えるようにターミナルよりインストール
(Debianの最新だとAuthen::Libwrap依存関係も無く簡単に入れることが出来たがUbuntu系のOSは依存関係が有りターミナルより依存関係を解消して入れた。詳細は当サイト内にArticle-Webminに記載)

ローカルサーバの設定はすべてWebminで行った。
Apache 2.4.18
MySQL 5.7.20
php7.0

LinuxMint 18.3 Mateβ 'Sylvia' 64bit

Dockyを組み込んだ初期画面
閲覧(931)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。