CMSやCGIを使ったインターラクティブなページでXOOPSテーマなども配布


TOP  >  KNTSブログ  >  KNTS  >  LinuxOS  >  NotePC Linux Mint Cinnamon18.3 64BiT 不具合でMate18.3に変更する。

KNTS さんのブログ

 
2018
1月 6
(土)
16:16
NotePC Linux Mint Cinnamon18.3 64BiT 不具合でMate18.3に変更する。
本文
このパソコンはは以前Vistaが入っていたPCをLinux Mint Cinnamon18.1でしばらく使っていたが元々動作が遅いのであまり負荷をかけるようなソフトの使用は避けテキストベースで使っていた。

仕様は
メモリ: 1.8 GiB
プロセッサー:Intel(R)Core2 Duo CPU P8400 @ 2.2GHz x 2 です。

最近 Linux Mint Cinnamon18.3 64BiTにアップデートをしました。
最初は動作が以前よりもまた遅くなったようだがそれ以外問題もなく使い続けていたがどうも気になりだし
UbuntuCleanerを入れて不要なファイルを削除する。
(Mint18シリーズはUbuntuベース16.04なのでこれを参考に、Linux Mintは使いやすいが国内の情報が少ない)
しかし、どうもAPTのキャッシュを削除しようとするとサイズが大きいせいか強制終了してしまう。

「apt-get」からインストールされたファイルは「/var/cache/apt/archives」にキャッシュされていて、アプリを削除した後もキャッシュは残る。

端末より
apt-get clean で削除しました。

以降キャッシュをそんなに貯めないうちにUbuntuCleanerで削除していたが
先日パソコンを起動させたが突然起動しなくなりました。
原因は分かりません...?
復旧を試みたがダメでした。
こういう時の私は諦めが早い...
バックアップは取っていたので、この機会に無理をしないでCinnamonはやめにしてMateにすることにしました。

Linux Mint Mate18.3 64BiT
起動もシャットダウンも結構早くまたソフトの立ち上がりも早くなったようだ。

desktop_Image
閲覧(59)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。