CMSやCGIを使ったインターラクティブなページでXOOPSテーマなども配布


トップ  >  Blender  >  Blenderの日本語化
LinuxMintのソフトウェアの管理からBlenderをインストールする。
LinuxMint18.3でのBlenderのバージョン2.76の英語版がインストールされる。
このままでは使いにくいので日本語化を設定してみる。

File-UserPreferences-Systemを選択
InternationalFonts にチェックを入れ、Languegeメニューから日本語を選択
しかしその日本語メニューが文字化けを起こしているが…
japanesを選択、次の設定に進む
TranslateのInterfaceを選択すると完全にBlender全体が文字化けしてしまった。
ネットで調べてみたらソフトウェアの管理からインストールした場合文字化けするみたいだ。
最新版(2.78β)にアップすれば解消されると書いてあったので早速バージョンアップしてみる。

バージョンアップが無事行われ起動してみたら何も表示されなくなってしまった。
端末からBlenderを起動してみたらOpenGL2.xが必要とのことでしたので、このPcは古いからだめなのか?
一瞬諦めたがバージョンアップしないで使えるので英語版のまま使うことにする。
なんか方法がないのか?いろいろ探ってみる。

どこで見つけたのか忘れてしまったがいい方法が書いてあった。
そのサイトも確か最新版にアップすれば解消出来ると書いてあったがよく読んでみたら
ソフトウェアの管理からインストールしても日本語化は出来ると書いてあった。
その方法は上記同様の手順で行うが一箇所だけ追加でやることがあった。

InterFace Font テキストボックスから
usr/share/fonts/truetype/font-japanes-gothic.ttfをフォントを指定

あれっまぁ簡単に日本語化ができてしまった。
考えてみたら当然のことだ。

後はこの設定を有効化すればOK!
TranslateのInterfaceとTooltipsをクリック
一番下の左のSave user settings で保存すれば日本語化ができる。

しかしこんな非力なPcではたしてBlendarが使えるのか?
まっ、勉強するだけだからどこまでやれるか試してみよう。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:11 平均点:10.00
カテゴリートップ
Blender