Linux Mint 18.3 ‘Sylvia’でTabletを使う。

Windows Xpで使っていたWacom Graphic Tabletを使ってみる。
USB に差すだけで使えるようになる。
認識されているかどうかは以下のコマンドで確認してみる。

$ lsusb | grep -i wacom

認識されていたので以下のような出力が表示されました。

Bus 007 Device 003: ID 056a:0014 Wacom Co., Ltd Graphire 3 6×8

$ xsetwacom list

実行すると以下のようなデバイス名リストが表示される。

Wacom Graphire3 6×8 Pen stylus id: 13 type: STYLUS
Wacom Graphire3 6×8 Pen eraser id: 14 type: ERASER
Wacom Graphire3 6×8 Pen cursor id: 15 type: CURSOR

MyPaint・GIMPで使用してみました。

MyPaint 編集ー設定を編集ーデバィスで確認。

GIMP で適切な使用法や、筆圧感知を有効にするには 設定 → 入力デバイス → 追加された入力デバイスの設定。eraser, stylus, cursor の各デバイスのモードをスクリーンに設定して保存する。
参考:Wacom タブレット(archlinux)

取り敢えず使えた。

MyPaintでタブレットを使用して書いてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です